ANDADURA

BLOG

2022.7.29

Flat shoulder のひもの通し方

Flat shoulderは3mmの丸ひもにて、長さの調整ができます。
ひもの通し方を説明します。
 
Flat shoulderの上部に小さなハトメ穴があります。革ひもを表から通します。
 
結び目を作って長さを調整します。長さが決まりましたら、ぎゅっと結びます。
結んだ先に、随分長さが余っているかと思います。
 
先端には付属の小さなフックが装着できます。カバンの中でものが迷子にならないよう、繋いでおけます。こちらも長さに余裕があるかと思いますので、カバンの中でひもが邪魔にならない長さでカットしご調整ください。
 
迷子ひもが不要な場合は、長さ調整の結び目の下カットしてお使いください。
 
Flat shoulderのひもは、karuku walletの背面のハトメ穴にも通すことができます。
 
 
お使いの用途に合わせ、アレンジしてお使いいただけたらと思います。
 
 
2022.7.29 | products karuku

2022.7.29

ANDADURAとkarukuをつなぐ小さな穴

karuku wallet には背面に小さなハトメがついています。
内と外をつなぐちいさな穴を「connect hole」と名付けました。

 

この穴には、karuku walletと何かをつなげる「connect loop」が通ります。
カバンの取っ手に巻いて、カバンから取り出しやすくしたり、無くさないようウォレットチェーンの代わりとして&首から下げたりしてお使いいただけます。


このハトメ穴ですが、最初からこういう用途で使おうと意図していたわけではなく、karuku walletを作る時、お財布の背面に何か要素がないと、間延びするな、と感じたので、とりあえず、ここに穴を付けて進めてみよう、と付けました。
お財布に空気が入るのもいいし、お財布の中のゴミも出るのでは、とあまり機能としては期待していないけど要素としてプラスしました。

karuku walletは去年の夏には抜き型も出来ていたし、あとは作るだけになっても、
「この穴って何なんだろう。」ということが腑に落ちず、要素としてあった方がいいというだけでは本ちゃんを作る気にならず、テーブルの横において、「ほんと何なんだろうな、この穴。」などと思いながら眺めていました。

いつだったか「そうか、何かをつなげる穴だな、これは」と思いました。

 


「connect hole」はFlat shoulder の革ひもを通すこともできます。
「ANDADURAとkarukuをつなぐ穴でもあるのか!」など色々な発見がありました。

作ったものを、寝かせておくと、こういう発見がやってきてくれるのも、作ったのに放置する楽しさかと感じています。
リリースしてしまうと自分の手から離れてしまうように感じるので、世に出さず、ちょうど良く発酵するくらいのタイミングまで、自分の中に留めておく。

何かを世に出すときに、リリース(解放)とはよく言ったもので、自分の中からものが離れていくし、ものの方からしても作者が離れていくのではなかろうか。リリースする喜びは、作ったものを世に出す喜びもあるし、自分の中から出たことで、自分の中にあらたなスペースが生まれる喜びもあります。このスペースに次は何が入ってくるんだろう、とワクワクします。

 

 

2022.7.29 | products karuku

2022.7.23

karuku はじめます

 
去年の夏より、ゆっくりと始めますと言っていたら、文字通りはじめるのが、とてもゆっくりになりました。お財布は出来ていましたが、こうやって自分の言葉で、紹介できることが、はじまりなのだと思います。
 
改めてkarukuについての趣旨説明です。
ユーモアで編集する

ユーモアは、鳥のような俯瞰した眼をもつこと
編集は、やわらかな 眼差しで眺めること

ユーモアは面白い、といった感情だけでなく、フッと事象から目線をひいてみるとそこに慈しみのような感覚が湧くことがあります。ある種の寂しさを感じることもあります。そこに、どこかにうっすらとおかしみのようなものを感じる、そこに眼差しを向けてみる。
 
はじめるにあたって、去年自分で書いた文章です。たしかにそんな風に作っていきたいと思ってはいますが、この言葉が具体的にどういうことになるかは、まだ自分でも分かっていません。
やっていく中で、見つかっていくかもしれませんし、自分自身がどうなるか分からない、あわいのような地点でものを作りたかったので、こんな曖昧な文章を書いた、と言えなくはありません。
ひとまず、はじめてみます。最初の一歩は文字通り karuku 踏み出したいと思います。
Online shopの中に、karukuのページを作りました。
 
 
よろしければご覧下さい。
 
2022.7.23 | karuku

2021.8.24

karuku

 
新しくkaruku(カルク)という名前でものを作ってみようと思います。
 
まだものは完成してませんが、ゆっくりとはじめてみます。
 
イラストは青木隼人さんにお願いしました。2年くらい前に、工房にいらした際に、書いていただいたもの。
 
そう、karukuは、2年程前からやりたかったことなのです。
 
ANDADURAとはちがう切り口で、何かを作ってみたくなりました。
 
ANDADURAの意味は、歩く、ですが、arukuにkをつけてkarukuです。
軽さというのは、自分の中では大きなテーマで、決断に迷った時はより軽い方を選んできました。それに、ものが完成したことを知るのには、あるバランスに至るとものがフッと軽く見える。そうやって完成を知る瞬間が大好きです。
 
ANDADURAは定番でつくることをやってますが、それも決めずにやってみる。また仕上げに関しても、ANDADURAとは重心を変えてみようと思ってます。なので、ANDADURAのものとして選んでいただくと、ミスマッチが起こるのでは、と思いましたので、新しい名前にしました。より自由に作っていけたらと思ってます。
 
ANDADURAはひっそりとした活動なのに、さらに超個人的な活動になりそうな事に関しては、自分でもツッコミを入れたくなりますが、やりたいのだから仕方がない、ですね。こればっかりは。
 
karukuがどんな活動になるかは、正直あまり考えきれてませんが、
 
ユーモアで編集する
 
ということを軸にしようと思っています。
 
ユーモアは、鳥のような俯瞰した眼をもつこと
編集は、やわらかな 眼差しで眺めること
 
ユーモアは面白い、といった感情だけでなく、フッと事象から目線をひいてみるとそこに慈しみのような感覚が湧くことがあります。ある種の寂しさを感じることもあります。そこに、どこかにうっすらとおかしみのようなものを感じる。そこに眼差しを向けてみる。
 
ロゴマークはケンタウルスです。
「あそこの土手にケンタウルスがいると思うんですが、描いてくれませんか?」
という、謎な依頼に応えてくださった、青木さんに感謝します。
 
少しづつ進めてまいります。
よろしくお願いいたします。
 
進捗具合は下記で載せていきます。
 
 
2021.8.24 | information karuku
page top