ANDADURA

BLOG

2022.10.25

PECHKAの道具たち 

オカズデザインさんとPECHKAという名前で協働でものづくりをしました。

「感覚に寄り添う道具」を作るPECHKAのアイテムとして、ミトンとアルミパンハンドルカバー、近所の軍手工場さんとワークグローブを作りました。それぞれ紹介していきます。
 
 
 
【ミトン】
 
オカズさんから最初に投げかけをいただいたのが、ミトンです。手首もカバーし、オーブン作業でも熱を感じないミトン。
ミトンに適した革を探すことから始めました。熱を感じない革の厚みを見定める事も必要でした。熱に触れるものですので、革が縮んだり硬くなったりすることも考え形を導きました。
 
PECHKAの道具を作る時、頭の片隅にあったのは、「なる」という言葉でした。
「作る」という行為の手前に、あるいはその周辺に漂う、ものが「なる・なろうとしている」気配のようなものを、手を動かしながら探しました。

「なる」ことだけで、ものを作るには僕(人間)には意識がありすぎます。それでも、感覚に寄り添う道具になるために「なる」という動きの輪郭を感じる必要があったように思います。
と前に書きましたが、このミトンは特にそのことを意識させるものでした。
果たしてカタチになるのか?ならないのか?そんな分からない状態で手を動かしてました。
 
その分からない状態に居続ける事で、PECHKAのイメージや、他のアイテムのイメージが広がったように感じています。
 
mittens
size : 270×172 (mm)
material : goat leather
 
 
 
【ハウスミトン】
 
その名の通り、家庭で使うことを考え作ったミトンです。コンパクトで着脱しやすく、熱を感じる部分は革を2枚重ねにしています。
手の形にそうように、使う線に無理がないように、複雑にならないように全体と部分とが自然と調和していくよう方向付けをしながら、全体の形を見つけていきました。
 
house mittens
size : 172×110 (mm)
material : goat leather
 
 
 
【アルミパンハンドルカバー】
料理人の方が数多く使うアルミパン。アルミは熱伝導率が良すぎて、ハンドルが持てなくなると聞き、作ったハンドルカバーです。
熱くなったフライパンを洗う際など、トングや箸などでアルミパンを抑えるとスポッと抜ける、ゆるさを持たせた着脱しやすいサイズ感で作りました。
 
上下は同じ形状にして、どちらからでも鍋に入れられます。鍋が入りやすいよう、テーパーを持たせました。テーパーの角度は137.5度。自然界によく見られる角度です。アルミパンの形状とマッチし、調和するよう形を導きました。
 
aluminum pan handle cover 
size : 162×35 (mm)
material : cow leather
 
 
 
【グンテミトン】
 
パン職人やオーブンを多用する料理人の方は、オーブンの出し入れの際、軍手を2枚重ねて作業をするそうで、ずっと良い軍手を探していると聞きました。
ANDADURAの工房からバイクで3分のところに軍手を製造する山本手袋さんがあります。そんな偶然から生まれたのが、グンテミトンです。
 
山本手袋さんが作っている軍手をたくさん見せていただき、出来ること、出来ないことを明確にして、制作に挑みました。
オーブンの出し入れの際に、やけどしやすい手首の部分もカバーするよう長く編んでいます。着脱しやすいように、手首を広くし、手首に仕込むゴムの数も減らしました。軍手の表を綿で編み、内側の部分には、空気を含み熱が伝わりにくくするよう中空糸を使いました。中空糸はムレにくい性質もあります。
 
オーブンの出し入れなどの短い時間であれば1枚でも熱を感じにくい厚手のミトンです。
 
軍手を2枚重ねて使われている方は、手首に入っているゴムを切ったりしてアレンジして使われているとも聞きました。
そんな方の作業に寄り添うグンテミトンとなってくれたら嬉しいです。
 
料理の時だけでなく、キャンプや焚き火などの火の周りでのご使用にもピッタリかと思います。
 
 
突然の依頼に、快く応えて下さった山本手袋さんに感謝です。
山本手袋さんが作った手袋のサンプルをオカズさんに送り、実際に使っていただき、フィードバックをいただく。
僕は伝書鳩のように山本手袋さんに伝える。そうしてまたサンプルを作っていただく。山本手袋さんとオカズさんの間を何度も往復しているうちに出来たように感じました。
 
gunte mittens
 
size : 全長370mm
material : 綿 65% ポリエステル 32% ポリウレタン 3%
 
 
少し関係のない話をします。一休さんの話です。
ある時期、一休さんが座禅を組んで、頭につばをつけ「トントントン」とやっている時、一休さんの中で何が起こっているのかが無性に気になる時がありました。
アニメの中では、その行為の説明はなかったので、気になって推察しました。
 
一休さんが「トントントン」とやるのは、決まって無理難題に出くわした時で、普段の生活では「トントントン」は出てこない。
 
一休さんは、普通の理屈では道筋を立てられないような出来事を前にし、「トントントン」とやることで違う回路を開いているのだと思いました。
普段の意識では、出来事をなにかしら判断し、意識の上で扱いますが、「トントントン」の時は出来事をそのままの、無意識の海に放り投げる。
そんな無意識の回路が開かれている一休さんなので、その無意識の海は混沌としていて、判断つかないものが、そのままの形で有象無象に蠢いている領域をキープしている(たぶん)。
 
なので、その海に、無理難題をそのまま放り込む。こうやって一休の海の中で様々な事象との化学反応が起き。「チーン」と答えらしいものが導かれる。ある種、一休さんのオートメーション機能なのだと思いました。
 
一休さんがやることは、普通の理路で導かれるかどうかを判断するだけで、導かれないのであれば、海に放り投げる。
 
この通路って、ものづくりでも使えるのではと、あれこれ考えました。
その時に会った人には、「一休さん的ものづくり」について嬉々として話していたように思います。独立してすぐ位の時、ものづくりの仕方は一休さんからヒントを得ました。
 
ただ、僕の無意識の海は一休さんほど豊穣ではないので、「チーン」となるまでには、数ヶ月や1年くらいかかったりもします。時間はかかるけど、「チーン」はやってきてくれます。
 
少し前にある方と話をしていて、「山本さんは混沌を好む」と言われました。それで、僕の中の一休の海も少しは豊穣になったのだなと感じました。
 
関係のない話をします。と言ってましたが、関係なくはなく、協働で作ることは、投げかけがやってくるという事で、一休的に作ることがしやすいのだと思います。
 
一休さんはどうやってその海を見つけることが出来たのか?という疑問は、僕の中の一休の海を漂ってます。
 
 
2022.10.25 | information products

2022.10.25

PECHKAについて

11月11日から15日にオカズデザインさんが営むお店、カモシカで展示を行います。

展示のタイトルは「ペチカ」です。
展示に合わせ、オカズさんとPECHKAという名前で協働でものづくりをしました。

「感覚に寄り添う道具」を作るPECHKAのアイテムとして、ミトンと鍋つかみを作りました。
 


ここでは少し、PECHKAが生まれた経緯について書いてみようと思います。

3年くらい前に、オカズデザインさんに展示会のお誘いをいただきました。
展示の打ち合わせというか、雑談の中で、オカズさんからミトン作れませんか?との投げかけをいただきました。

これまで、ぴったりくるミトンをずっと探しているけど、見つからないとのこと。
ミトンって沢山あるけど、オカズさんにとって良いものが、ないんだなと思い、「考えてみますね。」と答えました。

ミトンは作ったこともないし、考えたことすらないアイテムです。
それでも、僕に頼んでくれるからには、僕はミトンを作れるんだろう、と思いました。


すると、これも作れませんか?と様々なアイテムがあがりました。

こんなにモノが溢れる中、オカズさんの世界にあっては、ピッタリなものが無い。
オカズさんの言う無いものを作っていくと、いったいそれは、どんな世界なのだろう、と興味が湧きました。

ミトンの方向性を決めるためのサンプルを送り、感想をいただきビックリしました。
そのフィードバックの肌理の細やかさに。オカズさん、そしてスタッフの方の意見が抽出され、良い点、改善した方がよい点などが書かれていました。これは、良いものになるぞ、と感じると同時に、安心しました。

それは、自分が使わないものは、何をどう組み立てていいのか分かりません。
使う精度が低ければ、作る肌理も荒くなるもので、ミトンを使う生活をしていない僕は、オカズさんからのフィードバックが、ものが生まれる生命線だからです。作り手が、細やかな使い手に出会えることは幸福なことです。

そうして、やりとりをしながらミトンの制作を進めました。
ANDADURAの展示に合わせ、ミトンを発表する。というのが、少々物足らなく感じてきました。

ミトンを出すだけだと、オカズさんの無い世界を立ち上げることは出来ないだろうし、ミトン目線から見ても、
一人だと寂しい。何より「無い世界を持つ、細やかな使い手」としてのオカズさんと、展示会に向けたミトンだけを作るのは、もったいないなと感じました。せっかくなら、オカズさんの世界が見られる、やり方を考え、このミトンはANDADURAとオカズさんが作るものではなく、何か違うかたちにしませんか?と提案しました。そのようにPECHKAは生まれました。
 
ペチカは家の半分を占めるほど大きな暖房です。
ペチカはそこにいる人を暖める。身体の力を抜き、リラックスして時を共にする。人々が集う食卓であり、病を癒し体を健やかに整える寝床。人々の誕生から、死までに寄り添う。ペチカは祈りの場所であり、日常の傍にいる存在。生活の中の祈りの場。
 
祈りというと、少々捉えにくいかも知れませんが、違う言葉に織り混ざっているのだろうと思います。
僕にとっては、眼差しを向け、感覚をつかうことのその先に祈りがあると感じています。
その静けさにPECHKAの道具が寄り添えたらと思います。
 
作り手として、5年後くらいにミトンの周りに、さまざまな人の作った道具(仲間)が増え、オカズさんの世界を見ることを楽しみにしています。
 
2022.10.25 | information

2022.10.23

11/11-15 「ペチカ」at カモシカ(東京)

 
11月11日から15日にオカズデザインさんが営むお店、カモシカで展示を行います。
 
展示のタイトルは「ペチカ」です。
展示に合わせ、オカズさんとPECHKAという名前で協働でものづくりをしました。
 
PECHKAについて
 
PECHKAは感覚に寄り添う道具を作っています。
ペチカは家を暖める大きな暖炉です。
人々が集う食卓であり、病を癒し体を健やかに整える寝床でもあります。
生活の中の祈りの場として、人々の誕生から死の傍にペチカはありました。
 
感覚をつかうその先に、あるいは、その中にある祈り。
その静けさにPECHKAの道具が寄り添えたらと思います。
 
PECHKAの道具を作る時、頭の片隅にあったのは、「なる」という言葉でした。
「作る」という行為の手前に、あるいはその周辺に漂う、ものが「なる・なろうとしている」気配のようなものを、手を動かしながら探しました。
 
「なる」ことだけで、ものを作るには僕(人間)には意識がありすぎます。それでも、感覚に寄り添う道具になるために「なる」という動きの輪郭を感じる必要があったように思います。
 
うまくできたか分かりません。そもそも「なる」にうまくできるも、できないも無いのかもしれません。かたちになりましたので、ぜひご覧いただけたらと思います。
 
PECHKAで作ったものは、また改めて紹介できたらと思います。
 
 
ANDADURA個展「ペチカ」
 
 
11月の展示はANDADURA ・山本祐介さんの初個展となります。
鞄や財布、小物など多岐にわたる作品を革を中心に生み出し続ける山本さん。
 
以前は空間設計を仕事とされ、建築を作るように細やかに設計されるその作品からは、質の高い素材感と抑制された機能美、ほのかな愛嬌を感じます。
実際に財布を数年前から使い続けていますが、これまで使ったものと比べて驚くほどヘタリもなく、いかに素材に寄り添い、考え抜かれて生まれたものかを実感しています。
 
飄々とした雰囲気をまといつつ鋭い観察眼を持ち、理性と感性が入り混じった山本さんご本人も作品同様とても魅力的で、個展に向けてこつこつと逢瀬を重ねてきました。
話し合いや試作を重ねる中で、ロシアの暖炉である「PECHKA(ペチカ)」を展示イメージとし、台所や食卓にそっと佇む美しく心地よいミトンが誕生。
ANDADURA定番の財布や鞄とともに、会場に並びます。
 
山本さんとはこの個展だけに留まらず、PECHKAの活動を長く続けていきたいねという話も早くも出ています。
作り手であるANDADURA、使い手であるオカズデザイン。
二組を中心としながらもそれに留まらず、作品によっては他の作り手や使い手も交え、楽しみながら試行錯誤していきたいと思います。
 
(カモシカさんHPより)
 
 
ANDADURA 個展「ペチカ」
会場:カモシカ (東京) 
東京都杉並区下高井戸5-5-23
11月11日(金)〜15日(火)
11日は終日お店におります。
※くつろいでご覧いただけるよう、予約制となっております。
こちらのページより、ご予約ください。
 
 
※PECHKAが生まれた経緯について、こちらに書いています。
※PECHKAの道具たちはこちらからご覧いただけます。
 
2022.10.23 | information

2022.7.29

Flat shoulder のひもの通し方

Flat shoulderは3mmの丸ひもにて、長さの調整ができます。
ひもの通し方を説明します。
 
Flat shoulderの上部に小さなハトメ穴があります。革ひもを表から通します。
 
結び目を作って長さを調整します。長さが決まりましたら、ぎゅっと結びます。
結んだ先に、随分長さが余っているかと思います。
 
先端には付属の小さなフックが装着できます。カバンの中でものが迷子にならないよう、繋いでおけます。こちらも長さに余裕があるかと思いますので、カバンの中でひもが邪魔にならない長さでカットしご調整ください。
 
迷子ひもが不要な場合は、長さ調整の結び目の下カットしてお使いください。
 
Flat shoulderのひもは、karuku walletの背面のハトメ穴にも通すことができます。
 
 
お使いの用途に合わせ、アレンジしてお使いいただけたらと思います。
 
 
2022.7.29 | products karuku

2022.7.29

ANDADURAとkarukuをつなぐ小さな穴

karuku wallet には背面に小さなハトメがついています。
内と外をつなぐちいさな穴を「connect hole」と名付けました。

 

この穴には、karuku walletと何かをつなげる「connect loop」が通ります。
カバンの取っ手に巻いて、カバンから取り出しやすくしたり、無くさないようウォレットチェーンの代わりとして&首から下げたりしてお使いいただけます。


このハトメ穴ですが、最初からこういう用途で使おうと意図していたわけではなく、karuku walletを作る時、お財布の背面に何か要素がないと、間延びするな、と感じたので、とりあえず、ここに穴を付けて進めてみよう、と付けました。
お財布に空気が入るのもいいし、お財布の中のゴミも出るのでは、とあまり機能としては期待していないけど要素としてプラスしました。

karuku walletは去年の夏には抜き型も出来ていたし、あとは作るだけになっても、
「この穴って何なんだろう。」ということが腑に落ちず、要素としてあった方がいいというだけでは本ちゃんを作る気にならず、テーブルの横において、「ほんと何なんだろうな、この穴。」などと思いながら眺めていました。

いつだったか「そうか、何かをつなげる穴だな、これは」と思いました。

 


「connect hole」はFlat shoulder の革ひもを通すこともできます。
「ANDADURAとkarukuをつなぐ穴でもあるのか!」など色々な発見がありました。

作ったものを、寝かせておくと、こういう発見がやってきてくれるのも、作ったのに放置する楽しさかと感じています。
リリースしてしまうと自分の手から離れてしまうように感じるので、世に出さず、ちょうど良く発酵するくらいのタイミングまで、自分の中に留めておく。

何かを世に出すときに、リリース(解放)とはよく言ったもので、自分の中からものが離れていくし、ものの方からしても作者が離れていくのではなかろうか。リリースする喜びは、作ったものを世に出す喜びもあるし、自分の中から出たことで、自分の中にあらたなスペースが生まれる喜びもあります。このスペースに次は何が入ってくるんだろう、とワクワクします。

 

 

2022.7.29 | products karuku

2022.7.23

karuku はじめます

 
去年の夏より、ゆっくりと始めますと言っていたら、文字通りはじめるのが、とてもゆっくりになりました。お財布は出来ていましたが、こうやって自分の言葉で、紹介できることが、はじまりなのだと思います。
 
改めてkarukuについての趣旨説明です。
ユーモアで編集する

ユーモアは、鳥のような俯瞰した眼をもつこと
編集は、やわらかな 眼差しで眺めること

ユーモアは面白い、といった感情だけでなく、フッと事象から目線をひいてみるとそこに慈しみのような感覚が湧くことがあります。ある種の寂しさを感じることもあります。そこに、どこかにうっすらとおかしみのようなものを感じる、そこに眼差しを向けてみる。
 
はじめるにあたって、去年自分で書いた文章です。たしかにそんな風に作っていきたいと思ってはいますが、この言葉が具体的にどういうことになるかは、まだ自分でも分かっていません。
やっていく中で、見つかっていくかもしれませんし、自分自身がどうなるか分からない、あわいのような地点でものを作りたかったので、こんな曖昧な文章を書いた、と言えなくはありません。
ひとまず、はじめてみます。最初の一歩は文字通り karuku 踏み出したいと思います。
Online shopの中に、karukuのページを作りました。
 
 
よろしければご覧下さい。
 
2022.7.23 | karuku

2022.7.15

その柔らかさに用がある

 
定番のお財布をヌメ革で制作しました。
ヌメ革で作れませんか?と投げかけをいただいたことが、制作のはじまりでした。
 
ヌメ革は店頭で置いていると、焼けてくるし、汚れも拾いやすいし、扱いが難しいこともあって、制作してきませんでした。
また、ヌメ革というと、THE 革みたいな印象があって、自分自身が素材との距離を取れないのでは、という懸念を持っていたのですが、今ならいけるかも、という感覚がありました。
 
ヌメで作ることを頭の中で、あれこれ転がしていると、あぁそうか、ヌメ革ってonlineにフィットした素材なのかも、と思ったこともつくる手助けになりました。
 
革が届いてみて、手で触ってみると、「あぁ、そうか。今はこの柔らかさに触れることが必要だったんだな。」と感じました。
 
ヌメ革をお願いする際に、ひとつのチャレンジとして、なにも加工せず、厚さを調整するだけにしました。
ANDADURAで作っている革は加工を施しており、手がその革の感覚に慣れていますが、なにもしていない革の柔らかさが、手に新鮮な感覚でした。
 
少し柔らかすぎるので、加工をお願いしようという考えが頭をよぎりましたが、この柔らかさを活かせるよう、小さいものを作ればいいかと。作れるアイテムの幅は狭くなりますが、
「この柔らかさに用がある」と歌のタイトルを思ってしまいました。
 
革の傷や表情がたくさん出ていますので、野生を意味する、wildっていうカラー名にしようかと思いましたが、なんのこっちゃとなりそうですので、素直にnaturalにしました。wildにしようと迷ったということで、そういう革であるということはお伝えしておけたらと思います。
 
完全な作り手目線 & 作り手(僕)の満足感で作っていますが、もしかしたら「その柔らかさに用がある」と思われる方もいるかもしれません。
 
ヌメ革に、つや消しのシルバー金具、定番よりワントーン明るい灰味のあるベージュファスナーとほんの少し灰色の混じった淡いベージュ糸が、素材との良い距離感かなと感じましたので、その位置どりで作りました。
 
ヌメ革は定番の革のベースになっているものと同じ、昭南皮革さんの革です。このヌメ革で作ってみて、この革に対する信頼感 & 素材に支えてもらっている感覚がさらに増しました。
そんな素材を作り続けている、昭南皮革さんに多大なる感謝です。「革作り、全身に伝わってますよ〜。」と言いたい気分です。
 
 
 
online shopにアップしております。よろしければご覧ください。
 
 
 
 
2022.7.15 | products

2022.6.16

ファスナー長財布(ショート)・LGW13

ファスナー長財布(ショート)・LGW13の詳しい説明です。
ファスナー長財布より、横幅が23mm短くなっています。
 
L字のファスナーはすっきりとした印象です。
 
手で持ったサイズ感。(女性の手です。)
実寸はw184×h94×d15(mm)です。
 
 
サイドにあるカードスペースは2部屋あります。カード入れの奥には、おみくじ等を入れる小さなポケット2部屋。カードスペースの幅は、余裕を持って出し入れ出来るよう、他のモデルより広くしています。
 
お財布に、小銭、カード、お札を入れたところ。
 
 
 
片側には札おさえがついています。5千円、1万円札を挟んでおくことで、探さなくても千円札を取り出せます。札おさえは、ささやかな機能ですが、地味ながらも役に立ってくれます。
 
 
ー制作話ー
 
これまでもLGW05の短いもの作れないか?とご要望はいただいておりましたが、なかなかうまく着地できずにいたのですが、片側のカード入れを無くして、札バサミをとりける。サンプルを自分で使っていて、おみくじがあぶれていたので、短いポケットはおみくじ入れ(おみくじでなくても小さなもの入れ)にする事で、このサイズにすることのリアリティが出てくれました。
 
2022.6.16 | products

2022.6.15

LGW13

LGW05のショートバージョン LGW13を定番化しました。
 
 
LGW05のお札サイズの短い仕様は、これまでにもご要望いただいてました。何度もチャレンジするも、着地できなかったですが、片側のカード入れを無くして、札バサミをとりける。サンプルを自分で使っていて、おみくじがあぶれていたので、短いポケットはおみくじ入れ(おみくじでなくても小さなもの入れ)にする事で、このサイズにすることのリアリティが出てくれました。このあたりの細かい出し入れって、ほんとうに難しかったです。
 
このお財布は、くらしのギャラリーの赤木さんからの「LGW05の短いの作れないですか?」という問いかけから始まっています。「今までチャレンジしていますが、なかなかうまくいかなくて、ひとまず作ってみますね。」とお答えしたと思います。最近はこういうささいなやり取りから、ものが生まれることが少なくない。作り終わってみると、いいタイミングでお声が下さったな、とタイミングの妙のようなものを感じています。
 

HPにアップしております。

こちらからご覧ください。
 
2022.6.15 | information products

2022.6.9

スライダー交換 キャメルの場合

ファスナーの修理は、ファスナーが噛み合わなくことが多く、その際、引き手を含めたスライダーを交換します。(ファスナー修理について詳しく書いているブログはこちら

引き手交換の際、キャメルに関しては選択肢があります。

キャメルは、もともとの革から色が濃くなっていて、写真のような色の差があります。
 
使っていくうちに、近い色になりますが、交換してすぐに2トーンになるのがよろしくなければ、引き手にブラウンを使うことも出来ます。(使っていくと引き手の色が濃くなりますが)
 
写真は、ブラウンでコバの色&糸色をキャメルに合わせたもの。
色の選び方は好みかと思いますので、お好きな方にて修理いたします。
 

 

 

2022.6.9 | products
page top