ANDADURA

BLOG

2020.6.2

外向きポケットの手帳カバーの詳しい説明

ONLINE SHOPのUNIQUEにビニロの手帳カバーをアップしました。
その名も、外向きポケットの手帳カバー。
 
UNIQUEのカテゴリは、その時作りたいものだったり、通常の流れでは作れないものだったり、実験してみたことなどを、定番化するしないは脇に置いておいて、作ってみるカテゴリです。今後制作するかは、不明です。今作ってみたいという心持ちのカテゴリーです。
 

 
 
サックス、レンガ、チャコールの3色。
 
手帳カバーを詳しく説明しますね。まずは、何も入っていない状態で全体を見ていきます。
 
手に持ったところ
 
ホックを開けます。
 
中身を開いた状態。
 
中身を入れて見ていきますね。
中身が入るとものが生き生きとしてきます。(主観)
 
フタを開けます。まずポケット一つあります。このポケットは外向きに付いてますので、
出し入れしやすく、すぐに取り出したいものを入れるのに適しています。
 
DM、ハガキ、4つ折りのA4にぴったりなサイズです。
 
本体を開けると、こんな状態です。
 
ハーフサイズのポケットが外向きで2つあります。
名刺、カード、付箋やクリップなどが収まります。
 
ポケットが外向きですので、付箋使いたい時も、ページを戻す事なくサッと取り出せます。
 
ここには内向きポケット付いてます。
 
プラス手帳を挟む部分のポケットが2部屋あります。
使用頻度の低いものを入れておくポケット。
 
ペンループ。ペンクリップの方で止めます。
 
さまざまなペンに対応出来ること、出し入れのストロークが短くスムーズなこと。
 
ビニロン手帳カバーには、おまけで革のしおりを付けています。
 
 
3色セットです。
 
続いて、必要な方の為に作ったアイテムです。
手帳の紙が薄く、裏移りを避けるため、下敷きを用意しました。
 
リサイクルレザーの下敷き。
グレイとベージュの2色です。0.8mmと薄いですがしっかりしてます。
 
 
爪を引っ掛けてめくりやすいように、切り込み入れてます。
 
手帳の色と合わせて、お好きな組み合わせでお選び下さい。
 
 
続いては番外編。やっぱりしおりは本体についているのが、
好きな方に向けて、簡単にしおりをつける方法。
 
ビニロン手帳カバーを制作する際、サイズ出しに使っていた、ほぼ日手帳に
しおりがついてないので、どこかに付けたいと考えてました。
 
リサイクルレザーの下敷きに、しおりを付けてみると、
どうにも使いにくく、しおりが付いている手帳もあるので、本体にはつけたくないし。
 
ですので、本体に簡単にしおりを付けられるやり方を、考えました。
手帳カバーを取り付ける事を前提(背面に紐が出る為)にした、付け方です。
 
 
1. お好きな紐&糸を1mでカットする。
 
2. 真ん中で2つに折り、写真のように通す。
 
3. ひっぱる。
 
 
 
 
2つに折った糸を本体に通す際、月ページに入れておくと、
さらに便利かと思います。
 
お好きな組み合わせ&使い方をアレンジして、使って頂けたら嬉しいです。
長々とご覧いただき、ありがとうございます。
 
外向きポケットの手帳カバーはこちらよりご覧下さい。
2020.6.2 | products
page top